日本の心と美の祭典

TOP > 装道の文化活動 > 日本の心と美の祭典
2010年2009年2008年2007年

平成19年4月1日、満開の桜花のもと、第35回「日本の心と美の祭典 / 全日本きもの装いコンテスト・世界大会」が東京都渋谷のNHKホールにて開催されました。

全国7区地区で行われた地区大会から含めると、延べ30ヵ国以上からの約1500名の出場者が参加。

厳しい審査を経て、総勢220名の出場者が世界大会に集いました。全員が舞台上で一人できものから帯結びまで仕上げ、早い方で3分〜4分ですべて装っていました。

振袖の部の一番早い方のタイムは、3分58秒でした。

 

 

振袖の部の一番は、3分32秒できものと帯を仕上げていました

カジュアルの部の一番一番早い方は、3分34秒でした

 

子供の部では、5歳から小学校6年生までの26人が参加しました

男性の部では着装している動作も男らしく、皆さん堂々としていました

 

5ヵ国16人の男女が参加した外国人の部

 

3人一緒に練習した成果が問われる学校対抗の部。大いに盛り上がりました。

使節団100ヵ国歴訪を記念した「世界の花結びファンタジー」

きもの姿から一瞬でドレスに変身できる”タノシックきもの”ショー

主催者である、山中典士会長の挨拶

2007全日本きもの装いの女王が決定

装道礼法きもの学院

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-5-2 東宝ツインタワービル3階 TEL:03-3501-3010 / FAX:03-3508-8883